性病を自宅で治療

TOP > バルトレックスの副作用

バルトレックス

バルトレックスは副作用が少なく安全性の高い治療薬です

バルトレックスは副作用が少なく安全性の高い治療薬です

バルトレックスは、ヘルペスウィルスの増殖を抑制するための抗ウィルス薬です。
バラシクロビル塩酸塩が主成分となり、性器ヘルペスや口唇ヘルペス、水疱瘡(みずぼうそう)や帯状疱疹(たいじょうほうしん)の治療に効果があり、副作用が比較的少ない薬です。
グラクソ・スミスクライン社から販売しています。

バルトレックスの効果

バルトレックスの効果ですが、単純ヘルペスと呼ばれる「性器ヘルペス」や「口唇ヘルペス」、「水疱瘡」や「帯状疱疹」において、ウィルスの増殖を抑制する働きがあります。
また、性器ヘルペスは一度かかるとウィルスの完全除去をすることが難しく、治癒した後に再び発症してしまい、再度治療をする流れを繰り返す可能性があるのですが、バルトレックスは再発の抑制にも効果を得られます。

ヘルペスの症状ですが、普段は免疫の力によりウィルスは抑えられているのですが、ストレスや疲れなどにより免疫の力が落ちてしまったときにヘルペスウィルスの増殖によって皮膚や粘膜に水ぶくれなどが発症します。

バルトレックスの主成分であるバラシクロビルは、アミノ酸の1種類であり、ヘルペスウィルス自体を根絶やしにするのではなく、ヘルペスウィルスが細胞内にてDNAを複製して増殖することを抑制する働きがあります。結果、皮膚や粘膜に起きた水ぶくれやピリピリとした痛み、発疹の症状の改善を行ってくれます。

バルトレックスの効果

一度ヘルペスかかると再発してしまう可能性が高いのですが、ウィルス増殖の抑制効果を持つバルトレックスの服用により再発の予防もできます。

服用時期に関しては、症状があらわれてから早めに服用することで症状改善までの期間が早くなったりと、良い効果に期待が持てます。

バルトレックスの副作用や注意点について

バルトレックスは副作用が比較的起こりにくい治療薬なため、用法用量を守り服用していれば過度な心配は必要ないです。
まれに起こる副作用や、滅多に起こりませんが重大な副作用の症状を下記にまとめて記載してみました。

バルトレックスの副作用

バルトレックスは副作用が少ない方で、まれに下痢、吐き気や嘔吐などの胃腸症状や、頭痛やめまいや眠気の症状、かゆみや発疹といった皮膚に現れる症状などがあります。

バルトレックスの副作用で重大な症状は以下となります。

急性腎不全
症状ですが、むくみや、いつもと比べて尿の量が減ってしまう乏尿や無尿。醤油やコーラの色に似た尿がでるといったことが起こります。

アナフィラキシーショック
こちらの症状は、皮膚に赤みやかゆみ、じんましん等の症状が起きたり、腹痛や嘔吐、くしゃみや咳、声がかすれてしまったり、呼吸時にゼーゼーといった音が鳴るといったことがあります。

精神神経症状
症状は、妄想や幻覚症状が起きたり、痙攣、意識がもうろうとして錯乱や興奮状態に陥ってしまうことがあります。

呼吸抑制
こちらの症状は、無呼吸や動悸、息切れが起きたり、呼吸が弱く息苦しかったりです。

肝機能障害
こちらは、食欲の低下や吐き気、だるさやかゆみ、尿が茶褐色などです。

皮膚粘膜眼症候群
こちらは、身体全身の倦怠感や高熱や関節の痛み、唇や口の中に口内炎ができたりただれてきてしまったりする症状が起こります。

上記内容のバルトレックス服用による重大な副作用はほとんど起こることはないのですが、もし、服用中に何か異変や違和感を感じたら早急に医師に相談してください。

バルトレックスの服用にあたり注意点

バルトレックスの服用にあたり注意点

バルトレックスを服用するにあたり以下の点を注意する必要があります。

・初期症状に気付いたら、なるべく早く服用することが望ましいです。服用の時期が早いほどより良い効果を得ることができます。
・服用のタイミングですが、バルトレックスは食事による影響があまりないため食前食後どちらでも構いません。胃腸への負担を気にするのであれば食後が良いでしょう。
・アレルギーや持病を持っている人も服用前に医師に確認しておきましょう。
・日常的に服用している薬がある人はバルトレックスと併用可能な薬なのかを服用前に確認が必要です。
・腎臓の機能が低下している人がバルトレックスを服用すると意識障害になりやすいため、注意が必要となります。
・高齢者の方や腎臓に障害を持っている方は薬の成分が排出できず溜まってしまい、副作用が発症しやすくなるため注意が必要となります。
・個人の判断で服用回数や量、服用期間を変えたりすると十分な効き目を得られないことや、治りが遅くなってしまったり、副作用が発症しやすくなる場合もあります。必ず正しい用法・用量を守って服用するようにしましょう。
・服用後はごくたまに意識障害や精神に変調をきたす場合があるため、車の運転や高所での作業などは十分に注意する必要があります。

上記の内容以外でも服用後に身体に異常が見られた場合は早急に医師の診断を仰いでください。

バルトレックスの飲み方

バルトレックスの飲み方

バルトレックスは症状や年齢で飲み方が異なります。

・単純ヘルペスの場合、通常成人であれば1日2回バラシクロビル1回500mgを服用します。
・性器ヘルペスの再発予防には、成人であれば1日1回バラシクロビル1回500mgを服用します。
・帯状疱疹や、水痘の場合、通常成人であれば1日3回バラシクロビル1回1000mgを服用します。
腎臓が悪い場合や、高年齢の薬が排泄されるのが遅くなりがちですので、投与間隔など飲み方を気にする必要があります。

併用注意の治療薬は、プロベネシッド(ベネシッド)、シメチジン(タガメット)、テオフィリン(テオドール)、モフェチル(セルセプト)などです。

ヘルペスウィルスに感染していることが判明したら早目の服用が心掛けましょう。
早期に服用することによって、症状を軽く抑えることができるのです。

バルトレックスを通販で購入する方法

バルトレックスは日本国内では処方箋薬で、医師処方のもと薬局で購入することができます。しかし、バルトレックスはネットなどで購入する事も出来ます。

バルトレックスを通販で購入する方法ですが、個人輸入業者が行っている通販を利用し、個人輸入として個人で使う場合に限り海外からバルトレックスを購入する事ができます。

性器ヘルペスは性病です。できることなら家族や知り合いにばれずに購入したいと考える方もいると思います。ゆえに、バルトレックスを通販で購入する方法を知りたいという方も少なくはありません。

病院にて処方してもらう方法が一番望ましいのですが、再発予防の為に購入したいと考える人や、家族に知られずに治療したいと考えている人は通販での購入を知っていると大変便利です。

性器ヘルペスはそのまま放置してしまうと症状が悪化し、重症になる事も考えられます。 すぐに治療をすれば軽症で抑えられるので感染予防を含め、早目に治療を始めましょう。

バルトレックスのご購入はこちら

バルシビル(バルトレックスのジェネリック)

バルシビル(バルトレックスのジェネリック)

バルシビルはバラシクロビル塩酸塩を主成分としたバルトレックスのジェネリック医薬品です。

インドのシプラ社が開発販売をしており、薬自体は日本国内では未承認のため通販でしか購入する事はできません。

バラシクロビル塩酸塩を主成分としている為、効果や効能はバルトレックスとほぼ同等で、信頼のおける治療薬です。また、ジェネリックは海外ではすでに一般化されており、値段も先発薬に比べて安いので人気となっています。

性器ヘルペスの再発予防などにはジェネリックのバルシビルが人気であります。

バルシビル(バルトレックスのジェネリック)のご購入はこちら

バルトレックスについてのまとめ

口唇ヘルペスや性器ヘルペスは自分で気付かず知らないうちに最愛の人に感染させてしまっている恐れがあります。
実際に感染していた場合にはすぐに治療をすることが望ましいです。

一度ヘルペスになってしまった人は再発の恐れがあります。再発予防のため、事前に治療薬であるバルトレックスや、そのジェネリックであるバルシビルを通販で購入し保持しておくと、いざというときに医療機関に出向かず自宅で治療ができます

ヘルペスにならないことが一番望ましいですが、発症した場合には早めの服用で早めに治癒できるように努めましょう。

100%ではありませんが、バルトレックスはほとんど副作用が発症しないため安心して飲める大変信頼できる治療薬であります。

性病の種類と治療薬