性病を自宅で治療

TOP > クラミジアの症状

バルトレックス

クラミジアの症状、原因

クラミジアの症状、原因

クラミジアとはクラミジアトラコマチス(Chlamydia trachomatis)によって発症する性病です。日本で一番感染者が多く患者数は100万人以上とも言われています。その中でも特に若い世代での感染者が多く、18歳以下の性経験者を調査したところ女性で約13%、男性は約7%も感染していました。

クラミジアの症状

クラミジアは元々眼科領域の病気でしたが、今では性行為で感染し、咽頭や性器に症状が出ます。クラミジアの症状の特徴として最初の段階では殆ど症状がでないことがあげられます。症状が出にくい事によって感染の自覚意識がほとんどなくまた他の人へと感染させてしまうのです。クラミジアの症状は男性と女性で異なります。

男性の症状

男性の症状

男性の方が女性より比較的症状が出やすいでやすいです。尿道に不快感や、かゆみ、痛み、などを感じる。尿道から膿が出たり、排尿時に軽い痛みを感じる。軽度の発熱や精巣上体の腫れ、のどの痛みや、腫れなどです。

女性の症状

女性の場合自覚症状が出ないことが多くそのまま放置してしまっている人が多いようです。症状として、おりものが増える、おりものの色がいつもと違う、不正出血、性行痛、下腹部痛、喉の痛みや、腫れなどです。

クラミジアの感染原因

クラミジアの感染原因ですが性行為による粘膜や体液が触れ合う事で感染します。感染箇所は性器以外に咽頭などにも感染するので通常の性行為だけでなく口を使った行為でも感染してしまいます。クラミジアの感染確率は50%と考えられており、2回同じ感染者と性行為をすればほぼ感染していると考えたほうが良いでしょう。

クラミジアは感染していても症状が出ない場合が多く、さらに感染経路も複数あり、確率も高い事から日本国内では一番感染者が多い性病となってしまっているのです。若い世代で無知のまま性行為をしてしまい、さらに不特定多数の人性行為をすることが感染源の大きな一つと言えるでしょう。

クラミジアの潜伏期間

クラミジアは感染していたとしてもすぐ症状がでるわけではありません。さらに自覚症状がでにくいことから自分が感染していることに気づかないという事もあるのです。全然症状が出ない場合クラミジアの潜伏期間はかなり長いという事になるのですが、だいたい目安として1週間から3週間ほどとなります。不特定多数の人との性行為や、短い期間中に担当した風俗の相手が異なる場合は1週間から3週間以内に性行為した相手との接触が感染源かもしれません(あくまでも予想)

クラミジアの潜伏期間

しかしこの逆も考えられるわけで、自分が他の人に感染させているかもしれません。このようにクラミジアは潜伏期間を開けても症状が出にくい事から知らないうちに他の人へ感染させてしまっている可能性がかなり高いのです。

クラミジアを放置すると

クラミジアは自然治癒するまでに長い期間を必要とします。ではいつか治るのであれば放置しても大丈夫?と考えがちですが、もちろんそんなことはありません。女性男性ともに放置してしまった場合不妊症になる確率が通常時よりも高くなってしまうのです。さらにHIVや他の性病なども免疫力の低下や、炎症を起こしてしまっていることなどから併発するリスクが3倍から5倍にも膨れ上がるのです。特にHIVは死の病気として恐れられており、今の医学では発症は抑えることはできても完治させることはできないのです。たかがクラミジアとか考えていると恐ろしいことになりかねないので早目の治療が求められるのです。

他にも、男性の場合副睾丸炎や、尿道炎、慢性前立腺炎、女性の場合、重度な腹痛、子宮頚炎、出産時にこどもに感染させてしまう、なども考えられます。今現在では妊婦健診でクラミジアの検査を行うので出産時に感染させてしまう確率は非常に少ないですが、逆に妊婦検診ではじめて感染していることを知ったという人も少なくはないのです。

クラミジアの治療薬

第一選択として活用されているクラミジアの治療薬を2種類ご紹介します。これらは通販で誰にも知られず購入する事ができます。

ジスロマック

ジスロマック

ジスロマックジスロマックは有効成分アジスロマイシン水和物を主成分としているマクロライド系の抗生物質です。1回の服用で効果が1週間ほど継続する事から飲み忘れなどの心配がいりません。クラミジアをはじめとした、マイコプラズマや、グラム陽性菌、一部の陰性菌などに活用されます。様々な細菌に対して有効で呼吸器や耳鼻科領域をメインに処方されており、広い分野で活躍しています。

ジスロマックのご購入はこちら

※リンク先はジスロマックのジェネリックです。

クラビット

クラビット

クラビットは有効成分レボフロキサシン水和物を主成分としたニューキノロン系の合成抗菌剤です。旧来の抗菌薬に比べて抗菌力が高く、様々な細菌に対して有効的です。病巣へ素早く移動し、経口治療薬では治療が困難であった感染症でも効果的です。クラミジアをはじめとし、マイコプラズマやレジオネラなどの細菌に有効的です。

クラビットのご購入はこちら

※リンク先はクラビットのジェネリックです。

性病の種類と治療薬