性病を自宅で治療
バルトレックス

性病の症状、原因

性病の症状、原因

性病の原因は細菌の感染によって発症します。 性病にはいくつか種類があるため感染した性病の原因によって発症する症状が違ってきます。 感染したあとすぐに症状があらわれるものや、潜伏している期間が長く、気づいたら症状があらわれたなんてこともありえます。

ここでは性行為後に「もしかして性病になったしまったのでは?」と違和感を感じているけど病院に行くことに気乗りしない人や、もしくは今後、自分に起こってしまった時のために予備知識を入れておきたい人にわかりやすく記述していきたいとおもいます。

性病の原因

性病の原因は、性行為をした際に、感染源であるウィルスや、寄生虫、カビなどが感染をしてしまうことでおこります。感染源である細菌などは性行為をした、またはする相手がすでに感染していた場合に行為時に感染することがおおいです。それは性行為の相手と肌や身体が触れ合う事で、性病の原因である細菌などが皮膚や体液に付着することで感染してしまうからです。

この内容はすでに性病に感染してしまっている相手と性行為を行った場合に起こりえることであり、性病予防に効果のあるコンドームなどを使用せずに性行為を行った場合、おおよそ2回に1回よりも高い確率で感染するといわれています。それでは性病予防に効果的なコンドームを使用していれば大丈夫では?という意見が出てきそうですが、コンドームをして性行為をしたからといって、間違いなく安全ということでもありません。

近年増加傾向にあるのがオーラルセックスをしたことが原因で感染してしまったという事例です。 知名度の高い性病であるクラミジアは、症状が出ず気づきづらいため、自覚していないだけですでに感染している人はたくさんいるとおもいます。感染箇所は性器だけというわけではなく喉に感染をしていることも十分にありえるため、その人とオーラルセックスをしたことで喉から性器へ、逆に性器から喉へと感染をしてしまうことがおおいです。

他にかんがえられる原因としては、性器や性器付近が清潔な状態でないことカビなどが発症してしまったことが原因だったり、トイレの便座に性器が触れてしまいそこから感染してしまうなどということも十分ありえることです。 さらには輸血や、出産時に誕生する赤ちゃんに感染する母子感染ということも原因としてあがります。 このように、性病は遠い話ではなく誰にでも起こり得る感染症なのです

性病の種類

クラミジア

性病の中でも日本国内で感染者が一番多いのがクラミジアです。クラミジアトラコマチスによって発生する性病で女性の感染が多くなっています。感染箇所は性器と咽頭で感染経路が通常の性行為だけでなく、オーラルセックスなどでも感染することも感染者が多い一つの原因となっています。一昔前までは眼科領域の病気でしたが清潔な水を保てるような環境に変化したことによって眼科領域では見られなくなりましたが、その分性病では現在日本国内ではナンバーワンとまでなってしまっています。

淋病

クラミジア同様性病の中で感染者が多いのが淋病です。淋菌の感染によって発症する性病で男性の患者数の方が多くなっています。しかしこれは女性の自覚症状が乏しいため見つけるのが困難な事も原因として含まれているのではないかと考えられます。感染箇所は性器と咽頭で通常の性行為、オーラルセックスで感染します。男性は排尿時や、勃起時などにも激しい痛みを伴うことが多く、女性は感染していても自覚症状がないことが多くなっています。

ヘルペス

ヘルペス

一度感染すると再発しやすいのがヘルペスで、単純ヘルペスウィルスによって発症する性病です。感染箇所は性器と口唇で、潜伏期間を経て水ぶくれになります。しばらく放置するとつぶれて潰瘍状態となって色素沈着します。潰瘍自体に痛みや神経痛を伴い、患部付近は神経麻痺を起すことがあり排尿時や排便時などの機能障害を起こすことがあります。今現在完治させることは難しく、再発抑制療法によって再発予防や感染リスクを抑える治療法が施されています。

コンジローマ

尖圭コンジローマと呼ばれる性病で、ヒトパピローマウィルスによって感染し発症する性病です。感染箇所は性器や周辺、まれに口唇や口腔内にも症状が出ます。乳頭状やニワトリのトサカのようなイボ状のものができます。一か月から二ヶ月の潜伏期間を経てイボを形成していきます。自身では痛みやかゆみを感じるなどの自覚症状はありません。一番最初にできたイボから短い期間で新しいイボが次々に形成し増殖していきます。治療できても他の部位へ接触転移を繰り返すことが多く、まれに性行為以外でも感染することがあります。

性病の症状

性病の症状

性病の症状は、種類や、感染箇所によって異なりますが、感染しているのに全く症状が出ない事も多いです。自覚症状が出ないまま放置してしまうと、他の人への感染拡大や、不妊症や重症な病気などへ展開してしまう恐れがあります。女性と男性では症状の表れ方も異なってきますが、女性は特に自覚症状が乏しいことが多いようです。女性の場合、おりものの増加や変色、性器のかゆみや下腹部の違和感などを感じた場合は性病の可能性が高いので検査をお勧めいたします。男性は尿道の違和感や、尿道からの、排尿時の違和感や痛みなどを感じた場合は性病が疑われます。

病気によって潜伏期間も違いますが、他の人に移してしまう怖れもあるので、自分のためにも人のためにも、少しでも気になる症状が現れた時には、早めに病院で診察を受けるべきです。愛する人とのセックスはとても素晴らしいものです。皆がきちんと性に関する知識を持って、安全で安心な営みが行われることが何よりです。

性病の検査方法

性病の検査方法

もしかして性病かもしれない?と感じた場合早急な検査をお勧めいたします。しかし検査となると必ず病院へ行かなくちゃいけないの?と不安になる方もいますが、そのまま放置するようでしたら自宅で検査することもできます。性病の検査キットは通販で購入することができますので簡単に自宅で検査できるのです。特にクラミジアは感染者は多いにもかかわらず自覚症状が乏しい事から治療している人が実は少ないのです。これにより放置したことによって不妊症になりやすくなったりエイズになる確率が通常の3倍から5倍にも膨れ上がると考えられています。

自宅でできる検査キットには2種類あり、自分で検査しその場で結果を見れるものと、自宅で検体をとり検査機関に送りインターネット上で検査結果を見ることができるというものです。自宅で検査しその場で結果が分かる方が簡単ですぐできるのでお勧めです。

性病の治し方

性病の治し方

性病は絶対放置してはいけない病気ですので、性病になった場合は治療していきましょう。中には治療する事自体が難しいものもありますが、ほとんどが治療薬などで簡単に治療することができるのです。性病に感染していることを誰にも知られたくないなどから感染しているにもかかわらずそのまま放置してしまっている人も中にはいます。病院へ行くことが難しいのであれば、性病は通販で治療薬を購入することができます。通販で購入すれば誰にも知られずに自宅で性病を治療することができるのです。性病は放置すれば他の人に感染してしまい、そのまま感染が拡大する恐れもあるので必ず治療していきましょう。

性病の治療薬

性病の治療薬は性病の種類や症状によって異なりますが多くが飲み薬や外用薬で治療することができます。クラミジアや淋病の場合抗生物質の服用でほぼ完治させることができますので、感染に気付いたら早目に治療を進めましょう。クラミジアの治療ではジスロマックやクラビットなどが第一選択されることが多く、服用回数が少なく済むので飲み忘れなどなく治療することができます。抗生物質のなかでも比較的新しいので従来の抗生物質に耐性があった人でも効果が期待できます。ヘルペスの場合、完治させることは難しいですがバルトレックスで再発予防療法としてヘルペスの発症を抑えることはできます。

性病の治療薬を通販で購入して自宅で治療

性病の治療薬を通販で購入して自宅で治療

病院で処方されている性病の治療薬を通販で購入することができます。診察代や初診料もかからず、通院の手間も省けるためリーズナブルで、さらに忙しい人でも空いた時間で簡単にスマホなどで注文できるのです。性病に感染していることを家族や身内に知られたくない人や、性病の予防をしておきたい人、病院に通うのが難しい人などは性病の治療薬を通販で購入するのが大変便利でお得です。日本国内では処方箋薬であっても海外で一般的に売られているものであれば海外から個人輸入として通販と同じように自宅にいながら購入することができるのです。専門のサイトを利用することでスムーズに安心して治療薬を注文することができます。

性病の種類と治療薬